Born in Osaka, Japan.

Shinichiro Inui moved to America when he was 18 years old. He received a BFA at the University of Oregon. Upon graduation, he moved back to Osaka. He established the fashion brand ‘guernika’ in 2012 in order to help promote himself through arts and fashion. He painted a mural at the Embassy of the Federal Republic of Germany in 2014 in commemoration of their 25th anniversary after the fall of the Berlin Wall. He puts two values which have opposite meanings into his artworks and creates contradictions in universal psychology.

Solo Exhibitions

2015
Ultra Super New Gallery, Tokyo

2016
Jadite Galleries, New York

大阪府東大阪市出身。

18歳から単身で渡米。オレゴン大学芸術学部で学士(BFA)を取得後、活動拠点を大阪に移す。 2012年、アートとファッショの分野で幅広く活動をするため、アパレルブランド「Guernika」を設立する。 2014年ベルリンの壁崩壊25周年記念を記念してドイツ大使館の壁画(幅10mx高さ3m)制作を担当し、現在も設置されている。壁画には、反対の意味を持つ2つの価値を入れ、普遍的な心理に矛盾を生み出し問題を投げかけるテーマを表現している。

展示会歴

2015
個展Ultra Super New Gallery,東京

2016
個展Jadite Galleries,ニューヨーク